遠野まつり

平倉神楽

平倉神楽

上郷町平倉地区に伝わる神楽。明治34年(1901)頃、宮守町の塚沢神楽から指導を受け始まったと伝わる。地域の子供達には遠野まつりに向け、演目を教え発表させている。早池峰岳神楽の流れをくむ団体で、テンポが五拍子であるのが特徴。

活動エリア

上郷

出演機会

日出神社例祭(6月第三日曜日)、早池峰神社宵宮祭(7月17日)、金毘羅神社例祭(8月第一日曜日)、繋稲荷神社例祭(8月末)、遠野まつり、六神石神社例祭(9月23日)など

練習期間

遠野まつり1週間前、19時30分~21時

受入可能期間

遠野まつりの時期

受入可能分野

踊り手、法被を着て歩く、その他